SameSite=Lax
top of page

ザンビア: レビュータイプ認証ガイドライン

更新日:2021年8月13日

ザンビア情報通信技術局(ZICAT)は、タイプ承認ガイドラインを改訂しました。これは電子通信サービスの一部を形成する、または電子通信サービスとして使用される電子通信装置に適用されます。現在2015年に発行された古いバージョンのガイドラインが使用されています。現在のタイプ承認ガイドラインは論議中です。この文書は4月30までのコメントで公開されていました。


新しいバージョンでは、アプリケーションプロシージャをより明確に説明され、各アプリケーションプロセスに必要なドキュメントが指定されている。これらのプロセスは次のように分けられる:

  • タイプ認証

  • タイプの受け入れ

  • 修正




電子通信装置の特定のモデルに形式承認および形式承認証明書を発行する。

一時停止されない限り、これらの証明書は引き続き有効です。

デバイスがZICATによって、承認されていない場合、または国の規制機関または機関によって、承認された適合性評価機関からの適合性証明書を取得していない場合に、タイプ承認プロセスはもう始まっています。申請者が、電子通信装置が国の規制機関またはZICATによって、承認された適合評価機関によって承認されたタイプであるという証拠を持っている場合は、受けれ手続きを実施する必要があります。

変更プロセスは、デバイスがタイプ承認済またはタイプ承認されているが、その技術的特性に影響する変更がある場合に適用されます。このプロセスは、承認されたデバイスの名前を変更したり、名前を変更したりする場合にも使用されます。

ガイドラインに従って、証明書は次の場合に中断することができます。

  • デバイスモデルに関して提供された情報が間違っている場合。

  • モデルは、関連する標準の要件を満たしていません。

  • 管理局が何かの要求または許可する可能性のある状況の承認を拒否する場合

  • 適用される基準が変更された場合。

  • 公共利益を取り消された場合。

टिप्पणियां


bottom of page